伝統構法で建てた土蔵造りの家

木と土でできた心地よい空間
設計:アイ設計研究室

4.5寸と5寸角のヒノキの通し柱を多用し、ほとんどの貫を化粧表しとすることで真壁の土蔵のような空間に仕上がっています。
継手・仕口には金輪継ぎや長ほぞ・込栓などを用いて、木のめり込みを活かした組み方をしています。

01_imgp5163
有田地方特有の竹小舞

02_2_imgp5159
左官さん独自配合の荒壁土 貫はすべて化粧表し

03_imgp5231
しっかり竹小舞に食いついた土に裏返し塗り

04_imgp5234
シュウロによる補強

07_imgp5457
土を何層にも塗り上げていくための補強

08_imgp5512
徐々に土の質を変えていきます

09_imgp6226
玄関の瓦葺き庇。外壁は板張り仕上げのため銅板水切り

10_2_dsc01494
砂漆喰下地

11_2_dsc01505
漆喰上塗り仕上げ

12_p1000813
銅製の樋受金具。立ち上がりの長さを変えることで勾配を取っています

13_2_dsc01489
棒漆喰拝み部分の茶碗造り

14_p1000851
影盛りのついた鬼と茶碗

15_imgp6257
布基礎の上に柱を直置き

16_15595629_266153420467298_1152613324_o
板張り部分は植物性自然塗料仕上げ


施工例


  • 杉と檜の構造材が見える家

    伝統的な建て方で現代の住まいづくり

  • 伝統構法で建てた土蔵造りの家

    木と土でできた心地よい空間

  • 無垢材によるスキップフロアーの家

    杉・檜の無垢材で建てた新築住宅

  • 重伝建地区内にある住宅の改修

    新たな役割を担い平成に蘇る

  • 伝統的な民家のリフォーム

    建物の持つ魅力を十分引き出す

  • 設計事務所とコラボした住宅改修

    かつての部屋が明るく広々した空間に

  • 昭和初期建築の木造住宅の改修

    限界耐力計算による耐震改修も兼ねて

  • 昔からの水回りのリフォーム

    バリアフリー化と耐震性能の向上

  • 土蔵の改修

    傷んだ部分を修繕する事で健全な姿に

  • 元店舗兼用住宅の改修

    本瓦葺きの屋根葺き替えと外壁改修

  • 西岡建築 事務所棟

    自然にある素材で造ってみました