無垢材によるスキップフロアーの家

杉・檜の無垢材で建てた新築住宅
設計:建主様

一級建築士資格を持つ建主さんで、自身の設計によるスキップフロアーの住宅。
杉・檜を化粧軸組みとして用い、真壁造りで変化に富んだワクワクするような空間に仕上がっています。


敷地形状に合わせ、3つのボリューム(手前棟と奥棟と和室棟)で構成された建物


玄関から中庭を望む。ここがそれぞれのボリュームの交点となる


構造材を化粧表しとした架構と、高さの違うフロアーをつなぐ階段


建物内に組み込まれた物干し場 屋根はガラス張り


居間方向を望む 小上がり部分は床下収納として利用 ※畳を敷く前


畳下の床下収納 畳は半畳サイズ


奥棟から手前棟の居間を望む


L型のキッチン 珪藻土塗りの壁に対して調理スペースは汚れのつきにくいメラミン化粧版張り


手前棟2階から奥棟の1階と2階を望む


奥棟2階の吹き抜けとロフト 越屋根の窓からの光が心地よい


奥棟2階から手前棟2階の屋根架構を望む


施工例


  • 杉と檜の構造材が見える家

    伝統的な建て方で現代の住まいづくり

  • 伝統構法で建てた土蔵造りの家

    木と土でできた心地よい空間

  • 無垢材によるスキップフロアーの家

    杉・檜の無垢材で建てた新築住宅

  • 重伝建地区内にある住宅の改修

    新たな役割を担い平成に蘇る

  • 伝統的な民家のリフォーム

    建物の持つ魅力を十分引き出す

  • 設計事務所とコラボした住宅改修

    かつての部屋が明るく広々した空間に

  • 昭和初期建築の木造住宅の改修

    限界耐力計算による耐震改修も兼ねて

  • 昔からの水回りのリフォーム

    バリアフリー化と耐震性能の向上

  • 土蔵の改修

    傷んだ部分を修繕する事で健全な姿に

  • 元店舗兼用住宅の改修

    本瓦葺きの屋根葺き替えと外壁改修

  • 西岡建築 事務所棟

    自然にある素材で造ってみました