重伝建地区内にある住宅の改修

新たな役割を担い平成に蘇る
設計:アイ設計研究室

湯浅町の重伝建地区内に建つ築約90年の店舗併用住宅。住まわれていない期間が長く、柱足元の損傷や傾きが大きく、建物全体のゆがみを直すところから始めました。

01_dsc_0198
改修前 軒先の垂れと不同沈下による歪みが表れている

02_p1010485
揚屋工事途中 建物の傾きを修正すると同時に布基礎と据え石の改修

03_2_p1010463
据え石をコンクリートで囲むことで位置決めと耐荷重の補強をする

04_dsc_0708
既存の戸袋があった場所 当初の塗り壁の様子が残っている 隣に耐力壁を新設したため戸袋は移動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
据え石の工事途中の様子

05_dsc_0686
新材による開口部造作 新設の耐力壁は荒壁パネルを使用

06_dsc_0689
引っ張り金具で吊られていた腕木を持ち送りで受けることで補強

07_dsc_0693
松の地棟は表面の白太部分の虫害がひどかった為、その部分をはつった

08_imgp0525
雨漏りによる腐食や、小径の為荷重に耐えきれていなかった母屋を取り替えた 約9mの杉丸太

09_imgp0611
耐震性能の向上の為、桟打ちの上、本瓦葺き。 ルーフィングの上に熱対策として遮熱シートを張る

10_imgp1316-trim
竣工。切妻屋根の正面側には既存の瓦を選別ののち再利用した

11_imgp1318
町屋の姿がこの地によみがえる

12_imgp1320
店舗兼住宅がアンテナショップとして再出発

13_imgp1273
土間吹き抜け空間夜景

14_imgp1303
大黒柱を中心に当初の構造が元気を取り戻した姿


施工例


  • 杉と檜の構造材が見える家

    伝統的な建て方で現代の住まいづくり

  • 伝統構法で建てた土蔵造りの家

    木と土でできた心地よい空間

  • 無垢材によるスキップフロアーの家

    杉・檜の無垢材で建てた新築住宅

  • 重伝建地区内にある住宅の改修

    新たな役割を担い平成に蘇る

  • 伝統的な民家のリフォーム

    建物の持つ魅力を十分引き出す

  • 設計事務所とコラボした住宅改修

    かつての部屋が明るく広々した空間に

  • 昭和初期建築の木造住宅の改修

    限界耐力計算による耐震改修も兼ねて

  • 昔からの水回りのリフォーム

    バリアフリー化と耐震性能の向上

  • 土蔵の改修

    傷んだ部分を修繕する事で健全な姿に

  • 元店舗兼用住宅の改修

    本瓦葺きの屋根葺き替えと外壁改修

  • 西岡建築 事務所棟

    自然にある素材で造ってみました