杉と檜の構造材が見える家

伝統的な建て方で現代の住まいづくり
設計:西岡建築.一級建築士事務所

建物内部は真壁とし、木の持つ素材感を十分活かした空間に仕上がっています。
歳月が流れることで風合いが変化し、愛着の持てる住まいになればと思います。

01_1595
外観。手前に2枚、奥に1枚の屋根があり、それぞれを少しずらして配置することで上からの採光をしています。

02_1597
玄関は建物側面にあります。


玄関ホール見上げ。吹き抜け空間に上面からの光が差し込みます。

04_img_0994
キッチンカウンターに面したリビング。


檜の構造材が見える気持ちのよい空間です。


キッチン脇から吹き抜けを見上げたところ

07_img_1064
玄関ホールの階段から二階へ


二階のオープンスペース。この空間は、将来的に梁の下で区切って二つの部屋にすることもできるようにしてあります。


オープンスペースの塗り壁には、記念に家族の手形をつくりました。


上からの光が吹き抜けを通して玄関まで届く


オープンスペースは、一階のリビングと吹き抜けを通じてつながっており、さらに屋根の合せ目からは光が降り注ぎ、仕切りの無い大きな空間として感じられます。


一階北側の部屋は、襖で和の雰囲気を出しました。


傾斜している北側にはガレージがあり、その上面にはウッドデッキをつくりました。ウッドデッキに光があたるように、北側の屋根をぐっと下げてあります。


ガレージ上のウッドデッキ。コンクリートが太陽光で熱せられてガレージの中が熱くなりすぎないようにするはたらきも持たせました。


施工例


  • 杉と檜の構造材が見える家

    伝統的な建て方で現代の住まいづくり

  • 伝統構法で建てた土蔵造りの家

    木と土でできた心地よい空間

  • 無垢材によるスキップフロアーの家

    杉・檜の無垢材で建てた新築住宅

  • 重伝建地区内にある住宅の改修

    新たな役割を担い平成に蘇る

  • 伝統的な民家のリフォーム

    建物の持つ魅力を十分引き出す

  • 設計事務所とコラボした住宅改修

    かつての部屋が明るく広々した空間に

  • 昭和初期建築の木造住宅の改修

    限界耐力計算による耐震改修も兼ねて

  • 昔からの水回りのリフォーム

    バリアフリー化と耐震性能の向上

  • 土蔵の改修

    傷んだ部分を修繕する事で健全な姿に

  • 元店舗兼用住宅の改修

    本瓦葺きの屋根葺き替えと外壁改修

  • 西岡建築 事務所棟

    自然にある素材で造ってみました