木材によるCO2の固定化

 

地球温暖化の大きな要因として温室効果ガスの影響が挙げられていて、その中でも半分以上を占めるCO2(二酸化炭素)は、木材と大きく関わりがあります。

木は成長するとき大気中のCO2を吸収し、光合成によりC(炭素)として取り込まれ、幹や葉となっていきます。つまり、成長途中に吸収したCO2が木材の中に閉じ込められている、ことになります。そういった木材を使って家を建てるという事は、ある一定の量のCO2をその場所に固定化するとともに、山から木を買ったお金で苗木が植えられ、新たなサイクルをスタートさせることにもなります。そして、長持ちする家を作ること、これがその効果を最大限発揮することにつながると思っています。

しかし、合板や集成材に加工したり、人工的に乾燥すればその時々でエネルギーが使われCO2固定化の効果が減少してしまいます。そのため、天然乾燥にこだわり、極力合板等を使わない家づくりを目指しています。